ウォーターサーバーがある生活

ウォーターサーバーの便利さを紹介するサイトです。

ウォーターサーバーの生活

ウォーターサーバーの安全性は??

投稿日:

ウォーターサーバーって安全なの?

毎日良質なお水を飲む習慣ができるウォーターサーバー。機能面、衛生面含め、安全なのかどうかって心配になりますよね。
ここで簡単にまとめていきたいと思います。

誤作動はさせません!

ウォーターサーバーのレンタルを検討しているご家庭の中で、やはり子育て世代が多いのではないでしょうか。
赤ちゃんのミルクを作るときはもちろん、妊娠中から水分補給は欠かせないことなので、妊娠がわかった段階でレンタルを検討しているご家庭も増えてきています。子育て世代の心配事と言えば、ウォーターサーバーでのお子さんのけがなどではないでしょうか。
温水機能がついているウォーターサーバーがほとんどです。誤ってお子さんがお湯を出してやけどなんてしてしまったら大変です!
ウォーターサーバーは、そのような事故を防ぐため、安全に利用していただくために「チャイルドロック」を搭載したものがほとんどです。
はじめて使う場合、大人も少し戸惑ってしまいますが、「チャイルドロック」があることにより、突然お湯が出てやけどをするなどといったリスクは回避できるのです。「チャイルドロック」搭載のサーバーは各メーカーによって異なるので、レンタルの前に確認してみてくださいね。

お水だって安全に運ばれてくる

続いて衛生面。ウォーターサーバーのお水はボトルに入って配送されてきます。配送の段階でなにかしらのトラブルで異物が混入されることもあるんじゃないか・・・なんて過度ではありますが心配になってしまいますよね。
それぞれ各メーカーによって異なりますが、密閉型のボトルを使っての配送となります。手で簡単につぶせるタイプのものから硬く頑丈なものまで様々ですが、途中でなにかしらの異物が混入されるということはまずありません。
外気にふれることでお水は劣化していくということもあり、できるだけ外気にふれさせないような構造になっているのです。

それでもメンテナンスは必須

機能面、衛生面の安全性についてまとめてきました。
けれどやっぱり日々のセルフメンテナンスはもちろん、年に1回はプロによるメンテナンスが必要不可欠です。
日々のセルフメンテナンスはボトルを交換する際に、吸水口部分を軽く拭き取り消毒をすること。雑菌の繁殖などを防ぐので絶対に怠らないでくださいね。
そして同時にコック部分と受け皿部分も汚れる前にふき取り消毒や、食器用洗剤で洗うなどするようにしてください。お水は直接口から体内に入るものです。日々の細やかなメンテナンスは大切です。
そして、チャイルドロックなどが劣化により機能しなくなってしまった・・・ということを防ぐためにも、年に1回はメーカーによるプロのメンテナンスを受けるようにしましょう。ウォーターサーバーは家電と同じです。プロにしか直せない故障もあります。
保証プランなどに加入することで、いつでもプロのメンテナンスが受けられるメーカーもあるので、レンタルの前にこちらもチェックしてみてください。
日々のメンテナンスを怠らず、安心安全に使うことができるウォーターサーバー。ぜひレンタルを検討してみてはいかがでしょうか?

-ウォーターサーバーの生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウォーターサーバーは配送で超便利

重たいものを運んでくれる ウォーターサーバーのレンタルをおすすめする理由野中に、「買い物で重たい荷物が減る」というのがあります。 水道水ではなく、ペットボトルのミネラルウォーターを購入している人は、通 …

ウォーターサーバー自宅にある生活

ウォーターサーバーを自宅に! 毎日口にするものだから、より良いものを選びたい。そう考えるのは消費者として当然の考えですよね。 最近では、お水に対しても同じようにより良いものを求める声が増えてきています …

ウォーターサーバーのお水って味が違うの??

お水の味って?? ウォーターサーバーと、水道水の違いってなに?と質問に対して「味が違うんだよ」という回答を耳にしたことがあります。はたして、お水にも味があるのか・・・ちょっと疑問に思ったので、ウォータ …

ウォーターサーバーと電気代の優しいカンケイ

電気代はどうなの?ウォーターサーバー ウォーターサーバーは家電と同じく、自宅やオフィスにレンタルするとなると電気代が発生します。 実際には1ヶ月あたりどれくらいの電気代が発生するのでしょうか。 逆に日 …

ウォーターサーバーで水道代節約術!

実はなにかと水道代がかかっている 日々の生活のなかで、毎日必ず使うもの。それは「水道」。 さまざまな事情があって最後に止まるライフラインも「水道」なのです。 その「水道代」が少しでも節約できるとわかっ …